2016年4月5日星期二

<ブランド靴画像>“神スイング”の稲村亜美、始球式で98キロを陽岱鋼に打たれる

<ブランド靴画像>www.lvreig.com“神スイング”の稲村亜美、始球式で98キロを陽岱鋼に打たれる

(パ・リーグ、西武-日本ハム、1回戦、5日、西武プリンスドーム)「文化放送DAY IN西武プリンスドーム」と題し『関根勤のスポパラ』(月曜後7・0)でアシスタントを務める“神スイング”でグッチレディース靴コピー話題の稲村亜美(20)が、始球式を行った。

ルブタン靴 コピー

2度目の始球式で「背番号2」の西武ユニホームに、ホットパンツ姿で美脚を全開。大きく振りかぶってからの投球は、98キロを計測。捕手のミットを目がけて、ストライクゾーンに投じられたが、打者の陽岱鋼が打ちに行く、まさかの展開。ピッチャー返しの打球を、ルイヴィトンメンズ靴コピー左後方にいた岸が捕球した。

エレメス靴|ブランド服

ブランド靴コピーお正真正銘のコピーブランド靴N級品をご販売,2015秋冬-2016ブランド靴コピー新规入荷続々本物と同じ素材を選択しますブランド靴コピー

解説の兄やんこと松沼博久氏はエルメスビジネスレザー靴「打ちたくなるようなナイスボールだった。スタイルもボールも岸とソックリだった」と絶賛。稲村は「緊張したけど、いつもどおり落ち着いて投げられた。今日もストライクを投げられてよかった。今日はストライクか大暴投のブランドメンズ Tシャツ二択だったけど、軽く置きにいってしまった」と振り返った。 稲村は小1から9年間野球を経験しており、中学時代はシニアリーグで投手や一塁のポジションをこなしていた。昨年放送された大手自動車メーカーのCMで披露した「神スイング」がブランド服話題となり、昨年9月に神宮球場で行われたヤクルト-DeNA戦の始球式では96キロの直球を披露していた。
今季は「超攻撃的打線」が売り。その中心の川端は昨季までの3番から、ヤクルトに在籍する兄同様に2番に固定され「自分もバントをしない2番として役割を果たしたい。目標は首位打者と打率・450です」と抱負を語り、エースの磯崎は「2桁勝利と防御率1点台を狙いたい」と意気込んだ。9日はアストライアのルイヴィトン メンズ服公認「神サポーター」に就任したタレント・稲村亜美が始球式を務める。
From:LVREIGのblog
Read More:

没有评论:

发表评论